今流行りのノベルティ!?オリジナル名入れエコバッグの魅力やメリットとは

企業の認知度を高めたり、販売促進の一環として配られたりするノベルティ。しかし、ノベルティはアイテム選びが非常に難しく、「どれを選んだらいいのかわからない」と感じてしまう人も多いようです。「ノベルティのアイテムが決まらない」、そんな方におすすめしたいのが、オリジナルの名入れエコバッグです。

今回は、ノベルティでオリジナルの名入れエコバックを配布するメリットを紹介しましょう。

⇒格安でつくれちゃう!オリジナルエコバッグの魅力とは

エコバッグの需要は高まっている

深刻化する、海洋プラスチックごみの問題。コンビニやスーパーなどで配られるレジ袋は、皆さんご存知のとおりプラスチックでできています。このプラスチックは環境中に分解されることが難しいため、海に流出すると重大な環境汚染を引き起こしてしまうのです。

海洋プラスチック問題への関心は世界的に高まりつつあり、各国でも対策に踏み出しています。日本でも、2020年7月から小売店のレジ袋が有料化し、プラスチックを減らす取り組み強化に乗り出しています。

生活者のエコに対する意識の高まりや、レジ袋代を節約するために、買い物の時にお気に入りのマイバッグを持参する人が増えているようです。

ノベルティでオリジナルの名入れエコバッグがおススメの理由

ノベルティ選びにはポイントがあり、要点を抑えながらアイテムを選ぶことで、高い販促効果を得られるようになります。「どんなものを選んだらいいのだろう?」と頭を悩ませている販促担当者に受けて、エコバッグがおススメの理由をいくつか紹介しましょう。

エコバッグは実用性が高い

ノベルティのアイテム選びは、企業の宣伝効果をできるだけ高め、そしてその効果をできるだけ長く継続させるものを選ぶことが大切です。そのために必要になるのが、便利で実用性が高いものを配るということです。すぐに捨てられてしまうものを配っては、宣伝もへったくれもなく、経費が無駄になってしまうだけでしょう。

エコバッグは買い物の時に使用できるとても実用性が高いアイテムですし、需要が高まりつつあるのは上記で説明したとおりです。名前を入れたエコバッグを長く愛用してもらえれば、使っている本人だけでなく、それを見た周りの人にも宣伝することができます。

マイバッグを持っていないけど、これからのお買い物のためにマイバッグを持参したい。そのような人たちにオシャレで使いやすいエコバッグを配ることにより、肌身離さず持ち歩いてもらえるようになるはずです。

安価で大量生産しやすい

ノベルティというのは、マーケティング戦略の一環でもあるわけですし、アイテムを制作する時はコストパフォーマンスをしっかり意識しなければいけません。あまりにも高価なものは相手に気をつかわせてしまう可能性があるだけなく、金銭的なコストがかかりすぎると赤字の原因を生み出してしまうこともあります。

費用対効果を最大限に高めるためには、安価で大量生産しやすいアイテムを選ぶことが大切です。実はエコバッグというのはかなり安く作れるアイテムで、不織布タイプのものならば1つ数十円で制作できることもあります。

できるだけコストを抑えつつ、顧客の満足度が高いアイテムを配りたい、そんな時に名入れエコバッグはまさにうってつけです。

軽いので持ち帰りも苦にならない

ノベルティというのは、セミナーや展示会などのイベントなどで配るのが一般的です。「タダだから何を配っても喜ばれるだろう」という考えは、運営側のエゴ。もし、極端に重いものや、かさばるものなど持ち帰りに不便なものを渡してしまうと、受け取る側の大きな負担になってしまう可能性が高いです。

一方、エコバッグは買い物などに使いやすいよう、軽めの素材でできていることがほとんどです。大きいサイズのものでも、コンパクトにたたむことができるものならば、すっとカバンの中に入れて持ち帰ることができます。

場合によっては、イベント会場を回る時、荷物が増えた時の荷物入れとして使ってもらえるかもしれません。エコバッグは、誰に配っても迷惑をかけないですし、時と場所を選ばずに配ることができます。

幅広いデザインが可能

ノベルティはもともと「珍しい」「レアな物」という意味があります。いくらエコバッグが実用性が高いからといって、何の変哲もない、どこにでも手に入れられそうなデザインのものを配ったらどうなるでしょう。もらった人の印象には残らないだけでなく、愛用してもらえる可能性も低くなります。

エコバッグは素材や形状が豊富なため、他と被らないオリジナリティのあるデザインのものを制作しやすいです。また、印刷面が広いので、イラストなどを入れれば大きなインパクトを与えることも可能です。ライバルと差をつけるために、デザイン性が高く、特別感満載のアイテムを配ることが大切になります。

名入れエコバッグを制作する際の業者選びのコツ

アイテムの完成度はどの会社に依頼するかによって大きく変わるため、発注先は慎重に選ぶことが大切です。ここからは、業者を選ぶ時のポイントをいくつか紹介しましょう。

実績がある業者

ノベルティは、日常的に使ってもらうのと、もらわないのとでは宣伝効果にも雲泥の差が生じてきます。それだけでなく、すぐに捨てられてしまうような質の悪いアイテムを渡してしまったら、そのお客さんは企業の商品を購入したりサービスを利用したりする気持ちもなくなってしまうでしょう。

そのようなことを防ぐためには、加工やプリント、そしてエコバッグ製作の実績がある所を選ぶことが大切です。そうすることにより、品質の高いアイテムを制作しやすくなり、誰に渡しても失礼のないようなノベルティを用意できるでしょう。

実績があり、なおかついろいろな相談に乗ってくれるような業者を選べば、色々とアドバイスを受けながらより効果的なノベルティを制作できます。

名入れエコバッグを短納期で作れる

納期のスピードというのは、企業によってかなり差があります。注文から納品まで一週間程度ですむところもあれば、一ヶ月以上かかってしまう所もあるのです。ノベルティを配布予定日までに用意できなければ、ビジネス活動に大きな支障をきたしてしまうこともあります。

そのようなことがないよう、名入れのオリジナルエコバッグはできるだけ短納期で作れる業者を選びましょう。

エコバッグを持参するのが当たり前の時代が来る

蒼く美しい地球の未来のため、一人ひとりが意識を変え、環境問題に取り組んでいくことが大切です。エコバッグを使用することでプラスチックごみを削減でき、環境を守ることができます。

今後、エコバッグを持参するのが当たり前の時代が来ることが予想されます。それにあわせて、お客さんが愛用したくなるような素敵なエゴバッグをノベルティで配布してみましょう。

参照元(バッグファクトリー)https://bag-factory.online/